関西をドライブしよう!

関西の日帰りドライブスポットを中心に、車で行ける、関西のお出かけ情報を発信していきます!!

関西スキー・スノーボード・ツアー

初心者必見!スノボ用品・道具一式の値段は?予算はどれくらい?

2018/01/06

スノーボードを始めたいけど、

どうやって始めたらいいのか、

お金はいくらかかるのか、

いろいろと分からないことがありますよね。

 
道具一式を買った方がいいのか、

レンタルした方がいいのか、

買うなら、安いのからがいいのか、

高くてもいいものを買った方がいいのか、

いろいろと悩むと思います。

 
 
そこで、この記事では、

スノーボード道具一式を買う場合、

初心者におすすめのモデルなどを

紹介します!

 

Sponsored Link

スノーボードの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
板の形状は、板底が、

・まっすぐ(フラット)

・Vの字(ロッカー)

・Wの字(キャンバー)

と、いろいろありますが、

初めはどれを選んでも大丈夫です。

 
形状によって、

ターンのしやすさや、

安定性重視のものなどありますが、

それは、滑りがある程度

上手くなってからの話です。

 
 
ボードの値段は、

10万円を超える高額なものから、

セットで買えば5000円ほどで買える

安いものまで、ピンキリです。

 
 

ボードのおすすめは?

 
値段に関しては、初めは、

高くても安くても、

どちらでも問題ありません。

 
木や壁に板をぶつけたりしない限り、

そう簡単に壊れるものでもないですから。

 
 
初心者が選ぶポイントとしては、

・立てた時に、あごと鼻の間の長さ
(身長-15~20cm)

・なるべく軽いもの

・反発力があるもの

がおすすめです。

 
板を別に買うなら、最初は、

3万円以内に抑えるといいでしょう。

 
ちなみに、バートンのボードは、

バートン専用のビンディング
(ESTバインディング)

が必要なモデルが多いので、

買う時は注意しましょう。

 
 

スノーウェアの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
スノーウェアは、

上のジャケットと、

下のパンツに分かれています。

 
または、上下一体になった、

つなぎのウェアもあります。

 
上下はセットになっているものもあるし、

別々に買うこともできます。

 
同じメーカーで揃えてもいいし、

上と下は別のメーカーにするのもありです。

 
 
安いものなら5000円くらいから、

保温や耐水性に優れた高機能なものなら、

片側(上か下)だけで、

4万円くらいするものもあります。

 
ですので、

高機能なウェアを上下別々に買うと、

ウェアだけで8万円もかかるのです。

 
ずっとスノボを続けるなら

高機能なウェアを買うことを

おすすめしますが、

初心者は、安いのを一着買うか、

1回目はレンタルすることを

おすすめします。

 
 

スノーウェアのおすすめは?

 
デザイン重視か、機能重視かによります。

 
デザイン重視の場合、

大体は2万円以内で買えるものが多いです。

 
 
保温性や耐水性などの機能性重視なら、

ゴアテックス

と書いてあるウェアを選べば、

どのメーカーでも大丈夫です。

 
2万円以上するウェアは、

ゴアテックスであることが多いです。

 
雪山で寒い思いをしたくなければ、

ゴアテックスのウェアを選びましょう。

 
外の気温が-5℃でも、

中はトレーナーシャツだけで十分温いし、

むしろ汗をかくほどの暑さになりますよ!

 
 

スノーブーツの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
スノーブーツには、

ソフトブーツハードブーツに分かれます。

 
ハードブーツは、

アルペンスタイル(一方向のみの滑り方)

専用のブーツです。

 
アルペンスタイルは、

ある程度滑り慣れてからの滑り方なので、

初めはソフトブーツを選びましょう。

 
 
ソフトブーツの中にも、

いろんな種類のブーツがあります。

 
・ひもが付いていて、自分で結ぶブーツ

・ダイヤルを回して締めるボア式

・ひもを引き上げて全体を締める
 スピードレース式

主に、この3タイプに分かれます。

 
 
この中で初心者向けなのは、

ボア、またはスピードレースです。

 
ブーツの値段は、1万円~4万円と、

価格にややばらつきがあります。

 
 

スノーブーツのおすすめは?

 
初めは、ボアスピードレース

安いものから始めるといいでしょう。

 
何度か使っているうちに、

自分の足の癖が分かってきて、

自分の足の形状に合ったブーツを

選ぶことになると思います。

 
ブーツと足とのフィット感で言うと、

足の形状に沿って細かく調節できる、

ひもで結ぶタイプが一番なのですが。

 
 

ビンディングの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
ビンディングは、バインディングとも言います。

 
ビンディングは、

板とブーツをつなぐ装置みたいなものです。

 
ビンディングの種類には、

ベルトで締めるタイプと、

スキーのように、

上から踏んで固定するタイプがありますが、

ベルトで締めるタイプがほとんどです。

 
ビンディングは1万円~4万円ほどで、

価格が高くなればなるほど軽くなり、

体の動きに対する反応(レスポンス)が

良くなります。

 
 

ビンディングのおすすめは?

 
もちろん、

軽いものがおすすめですが、

一番重視したいことは、

ブーツがしっかり固定されることです。

 
ビンディングのサイズが

大きすぎたり小さすぎると、

ブーツの形状に合わないことがあります。

 
お店でブーツを履いて、

ビンディングを装着してみて、

きちんと固定されているか

確認してくださいね。

 
 

ゴーグルの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
ゴーグルは、

一枚レンズ式二枚レンズ式に分かれます。

 
二枚レンズのタイプは、

二枚のレンズの間に空気層があり、

曇りにくい構造になっています。

 
値段は、一枚レンズ式で5000円から、

二枚レンズ式で1万円~3万円ほどです。

 
 
ゴーグルには、

レンズが交換できるタイプがあり、

先ほどの値段に5000円ほど値が上がります。

 
レンズは単体でも売っていて、

一枚5000円~1万円ほどします。

 
 

ゴーグルのおすすめは?

 
初めは、一枚レンズの安いもので十分です。

 
初心者が冬嵐の中、

起伏が複雑な長距離コースを

走ることはないと思うので、

一枚レンズに曇り止めをかければ十分です。

 
レンズの色は、オール天候型の、

オレンジピンクがおすすめです。

 
 

グローブの種類・値段は?


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
グローブは、

アウター1枚だけのグローブと、

インナーグローブが付いている、

2枚ものとがあります。

 
グローブについては、

価格差がそれほどなく、

5000円~1万5000円辺りです。

 
 

スノーグローブのおすすめは?

 
スノーグローブのおすすめは、

スノーウェアと同じく、

ゴアテックス採用の

グローブを選びましょう。

 
インナーが付いている

タイプの方が高いですが、

やはりインナー付きをおすすめします。

 
ゲレンデで物を取り出す時に、

インナーがあると、

手が冷たくならずに済みますよ!

 
 

Sponsored Link

 

その他買った方がいいもの

 

インナープロテクター


(画像をタップすると、
 楽天のサイトに飛びます)

 
インナーウェアの内部に、

パッドが入っているものです。

 
雪山に体をぶつけた時の衝撃から

身を守ってくれます。

 
初めてスノーボードをすると、

数え切れないほどコケるので、

必ずインナーパッド付きの

インナーウェアを着ましょう。

 
値段は、上下別で5000円~1万円ほどで、

もちろん、

上下とも買うことをおすすめします。

 
 

ヘルメット・ニット帽

 
 
初めは緩やかな坂で練習すると思うので、

基本的にはニット帽で問題ないです。

 
スピードが出すぎて頭を強く打つことは

ほぼないと思いますが、

子どもが初めて滑る場合には、

ヘルメットを必ず着用させましょう。

 
ヘルメットは、スケボー用ので十分で、

スポーツ店で

2000円~3000円で売っています。

 
 

ネックウォーマー

 
 
風が強い雪の日だと、

顔がしもやけすることがあります。

 
しもやけを防ぐためにも、

鼻から下を覆う

ネックウォーマーがあるといいです。

 
気温が高い日以外は、

肌をできるだけ

露出させない方がいいですよ!

 
 

全て揃えた時の最低予算は?

 
お店やドームのイベントでは、

セットで売っているものがあります。

 
セットの場合、

板・ビンディング・ブーツ

3点セットが多く、

エントリーモデルが多いです。

 
3つ合わせて2万円~4万円と、

かなり格安で買えるので、

とてもお得ですよ!

 
 
残り必要なグッズについては、

オークション、アウトレット、中古店、

ハードオフなどで探せば、

全部合わせても5万円ほどで揃います。

 
初めからスノーボードを続けようと

思っているのであれば、

まずは、セットで売っている

エントリーモデルを買うといいですよ!

 
そして、滑り慣れてきたら、

少しずつグレードを上げていくのが

おすすめです。

 
 
最初から全て揃える予算がない時は、

レンタルから始めるのもありです。

 
レンタルだからと言って、

使いにくいギアを

使わされることはありませんので。

 
 

スノーボード一式をレンタルすると、
費用はいくら?

 
スノーボード一式を

レンタルする場合の費用については、

こちらの記事で紹介しています。

 

 
 

スノーボードに行く前にチェックする持ち物リスト

 
スノーボードに行く前に

チェックする持ち物リストについては、

こちらの記事で紹介しています。

 

 
 
以上、

スノーボードで必要なグッズについて、

値段とおおよその予算を紹介しました。

 
エントリーモデルから始めるのもいいし、

レンタルから始めるのもいいです。

 
自分の予算やボードに行く回数によって、

どちらがお得になるか

考えてみるのもいいですね。

 
 
それでは、楽しいウィンタースポーツを!

Sponsored Link

-関西スキー・スノーボード・ツアー


読まないと損!おすすめの記事

1
楽天ETCカード!デメリットは年会費だけ?

年会費がかかる楽天ETCカード!     楽天で買い物をする ...

2
MVNOとは?格安SIMとは?SIMカードの種類と使い方まとめ!

MVNOとは?SIMフリーって?     ネットやスマホの普 ...