関西をドライブしよう!

関西の日帰りドライブスポットを中心に、車で行ける、関西のお出かけ情報を発信していきます!!

ドライブ音楽・車内BGM

ドライブ・車内BGMにおすすめ!トランスの名曲10選!

2018/12/26

ドライブミュージックと言えばトランス!

 
トランスミュージックと言えば、

日本ではマイナーなイメージがあります。

 
この記事では、

サイバートランスが流行る以前の、

元祖トランスに焦点を当てて、

トランス黎明期の頃から、

順に紹介していきます!

 

Sponsored Link

1990年~1993年(トランス黎明期)

 

Age Of Love - The Age Of Love(1990)

 
元祖トランスと言えばこの曲。

 
今のトランスと聞き比べると、

あまりトランスとは言えず、

むしろテクノ寄りですね。

 
この頃はテクノ・ハウスなんて

呼ばれていて、

トランスという言葉はなかったと思います。

 

Humate - Love Stimulation(1993)

 
現代のプログレッシブトランスの

原型となっているのがこの曲。

 
リズムから入り、

少しずつ音を重ねていき、

途中でブレイク。

 
そこから一気に盛り上げるスタイルは、

現代のトランスでも変わらず、

最近のトランスと聞き比べても、

全く遜色ありません。

 

created by Rinker
¥12,611 (2019/02/20 21:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

 
 

1994年~1997年(ドリームハウスの誕生)

 

Cosmic Baby - Fantasia(1994)

 
クラシックピアノとトランスの融合。

 
ショパンがトランスを作ると、

こんな感じの曲を作りそう。

 
この後、97年にかけて、

ピアノ+トランス全盛期になります。

 

created by Rinker
¥1,500 (2019/02/20 14:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

Robert Miles - Children(1995)

 
全世界に衝撃を与えた一曲。

 
日本でもインストアルバムとしては、

異例の100万枚突破で、

日本で一番売れたトランスアルバムです。

 
私もこの曲から、

ダンス・クラブミュージックにハマりました。

 
この頃はトランスと呼ばれず、

テクノ・シンフォニックとか、

ドリームハウスなんて呼ばれてました。

 
この曲が気に入ったのであれば、

セカンドアルバムも買いましょう。

 

created by Rinker
¥3,133 (2019/02/20 21:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

Chicane - Offshore(1996)

 
日本で圧倒的に人気があるのがこの人。

 
特にセカンドアルバムは秀逸で、

「トランスのおすすめアルバムは?」

と聞かれたら、

トランスを知っている人なら、

間違いなくChicaneの

セカンドアルバムを勧めるでしょう。

 

created by Rinker
Modena
¥1,215 (2019/02/20 21:20:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

BT - Flaming June(1997)

 
Robert Miles、Chicaneと並んで、

日本で評価が高いのが、

BTことBrian Transeau。

 
おすすめのトランスを

一曲だけ挙げるとしたら、

この曲を選ぶ人が多いです。

 

created by Rinker
Eastwest
¥1,071 (2019/02/20 14:09:50時点 Amazon調べ-詳細)

 
 

1998年~1999年(ダッチトランス隆盛期)

 

Trevor Reilly - Down With The Underground(1998)

 
98年頃は、次世代のトランス移行期で、

実験的な作品が多く、

名曲と呼ばれるものは少ない印象があります。

 
その中でも、この曲は、

頭一つ抜きん出ています。

 
初めて聴いた時は衝撃的でした。

 
弦楽器がトランスに合うなんて、

想像もしていなかったですから。

 

DJ Sakin & Friends ‎– Protect Your Mind(1999)

 
トランスが世界的なブームになる前に、

ヒットしていたのがこの曲。

 
哀愁漂う雰囲気が、

トランスの高揚感と融合して、

いい味を出しています。

 

created by Rinker
¥5,012 (2019/02/20 21:20:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

Solar Stone - Seven Cities(1999)

 
元祖爽やか系トランス。

 
徐々に音を重ね、ゆっくりと展開していく、

プログレッシブトランスの

お手本のような曲です。

 
アゲアゲなEDMが大好きな日本では、

絶対受けが悪そう。

 

 

Chicane - Saltwater(1999)

 
再びシケイン登場。

 
CLANNADのボーカリストである、

モイヤ・ブレナン(エンヤの姉)を

フィーチャー。

 
歌詞も、CLANNAD / Harry's Game

の一部を引用し、

新たに録り直しているようです。

 
メロディ・ボーカルの神秘性・

構成(曲の展開)、

どれをとっても秀逸で、

まさに神曲と言える一曲です。

 
イントロ・サビ・ブレイク・アウトロと、

まるで映画を見ているような展開に、

思わず惹き込まれ、

これぞユーロトランスと言えるでしょう。

 
10分近くもある壮大な楽曲ですが、

いつの間にか時間があっという間に

過ぎ去ってしまいます。

 

created by Rinker
ワーナーミュージックジャパン
¥1,484 (2019/02/20 21:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

 
 

サイバートランスの名曲は?

 
サイバートランスの名曲については、

こちらの記事で紹介しています。

 

 
 

Sponsored Link

 
以上、歴史に残るトランスの名盤を、

私の独断と偏見で選曲しました。

 
トランスを紹介している、

他のサイトやまとめサイトと見比べると、

曲が全然被らないのが不思議ですね!

 
 
ドライブ中は、

是非爆音で流してみてください!

 
トランスの世界に、

一瞬でトリップできますよ!

 
 
それでは、楽しいドライブを!

Sponsored Link

-ドライブ音楽・車内BGM


読まないと損!おすすめの記事

1
楽天ETCカード!デメリットは年会費だけ?

年会費がかかる楽天ETCカード!     楽天で買い物をする ...

2
MVNOとは?格安SIMとは?SIMカードの種類と使い方まとめ!

MVNOとは?SIMフリーって?     ネットやスマホの普 ...