関西をドライブしよう!

関西の日帰りドライブスポットを中心に、車で行ける、関西のお出かけ情報を発信していきます!!

カーオーディオ

カーオーディオのスピーカー構成は?3wayと4wayの接続方法まとめ!

2017/07/29

カーオーディオスピーカーの接続方法まとめ!

 
 
スピーカーを、

カーオーディオ・アンプにつなげる場合、

どのつなぎ方が一番なのか。

 
 
これについては、

私もいろいろ試行錯誤をしました。

 
 
フロント2wayで鳴らしてみたり、

リアも入れて3wayで鳴らしてみたり、

サブウーファーも追加して

4wayで鳴らしてみたり。

 
いろんな聴き方を試しましたが、

「これがベスト」というものは、

はっきり決まっていません。

 

Sponsored Link

1つ言えることは、

自分の好みや、聴きたい環境に応じて、

その都度、接続の仕方が変わる

ように思います。

 
 
この記事では、

3wayと4wayの接続の仕方について、

考えうる組み合わせと、

その効果(聞こえ方)や

メリットを紹介します!

 
 

3wayのつなぎ方・組み合わせ構成

フロント(フルレンジ)+リア(フルレンジ)+サブウーファー

 
スピーカーが純正のままだと、

おそらく、フロント・リア共に、

スピーカーが

付いているんじゃないでしょうか。

 
純正スピーカーの構成に、

サブウーファーを加えた、

3wayの構成です。

 
 
純正スピーカーを、

コアキシャルに変えても、

フルレンジで鳴らすことになります。

 
フルレンジスピーカーだと、

どうしても低音が弱くなるので、

それを補うために、

サブウーファーは必要ですね。

 
 

カーオーディオ・アンプへの接続の仕方

 
high(またはリア)

→リアスピーカー

 
mid(またはフロント)

→フロントスピーカー

 
low(またはサブウーファー)

→サブウーファー

 
 

フロント2way(セパレート)+リア(フルレンジ)

 
サブウーファーを付けずに、

フロントスピーカーを

セパレートにした接続例。

 
 

カーオーディオ・アンプへの接続の仕方

 
high(またはリア)

→フロントツイーター

 
mid(またはフロント)

→フロントウーファー

 
low(またはサブウーファー)

→リアスピーカー

 
 
この構成では、リアから

低音を出力させることになるので、

リアドアのデッドニング

念入りにする必要があります。

 
 

フロント2way(セパレート)+サブウーファー

 
先ほどのリアスピーカーを、

サブウーファーに変えた接続例です。

 
この接続方法が一番メジャーで、

カーショップで一番勧められる

つなぎ方です。

 
低音の振動による、

ドアのビビリ音を気にしなくていいので、

遠慮なく重低音を鳴らすことができます。

 
 

フロント(セパレート)+リア(フルレンジ)+サブウーファー

 
フロントをセパレートにしていますが、

パッシブネットワークを使うことで、

1way化しています。

 
これをやるメリットは、

フルレンジで音を出すよりは、

少しはマシっていうくらいかも。

 
 

フロント(セパレート)+リア(セパレート)+サブウーファー

 
フロント・リア共に

セパレートスピーカーで、

どちらも

パッシブネットワークを使っています。

 
 
リアツイーターの設置場所に悩みますが、

前後の側窓の間のインパネ上部

前座席のシートベルトが出てくる、

すぐ上辺りに設置するのがおすすめです。

 
 
頭上後方からツイーターの高音が響き、

やや耳に刺さるので、

デジタルネットワークで調整します。

 
すると、前後左右上下から音が聞こえ、

疑似サラウンド環境が作れます。

 
 

Sponsored Link

 

4wayのつなぎ方・組み合わせ構成

 
4wayをネットワークで組むには、

カーステレオが限定されます。

 
DEH-P01か、

NR-MZ100PREMIがおすすめです。

 
 

フロント2way+リア2way

 
パッシブネットワークは使わずに、

カーオーディオ・アンプに直でつなぎます。

 
 

カーオーディオ・アンプへの接続方法

 
high→リアツイーター

 
mid→フロントツイーター

 
low→フロントウーファー

 
subwoofer→リアウーファー

 
 
DEH-P01は音の調整幅が広いので、

こういったつなぎ方もできます。

 
でも、やはり低音は

サブウーファーからの方がいいですね。

 
 

フロント2way(セパレート)+リア(フルレンジ)+サブウーファー

 
後ろからも音を出したい人向きの構成。

 
 

カーオーディオ・アンプへの接続方法

 
high→フロントツイーター

 
mid→リアスピーカー

 
low→フロントウーファー

 
subwoofer→サブウーファー

 
 
リアスピーカーをmidにつなぐことで、

フルレンジで出力できます。

 
 

フロント2way(セパレート)+リア(セパレート)+サブウーファー

 
先ほどのリアスピーカーを、

フルレンジからセパレートに変えた構成。

 
この場合、リアスピーカーは、

パッシブネットワークを使って、

1wayにします。

 
 

カーオーディオ・アンプへの接続方法

 
high→フロントツイーター

 
mid→リアスピーカー

 
low→フロント・ウーファー

 
subuwoofer→サブウーファー

 
 
こちらも、先ほどの3wayで紹介した、

疑似サラウンドを作れる構成です。

 
 
後ろの音が不要だったり、

前方からのみ音を鳴らしたい場合は、

デジタルクロスオーバーで、

lowをミュートにすればいいだけです。

 
 
デジタルクロスオーバーを使えば、

車内環境を簡単に、

前方定位サラウンドに切り替えられます。

 
予算に余裕があれば、

この構成を作ってみても

いいのではないでしょうか。

 
 

フロント(セパレート)+リア(セパレート)+サブウーファー2台

 
とことん重低音を追求したい人向けの構成。

 
現在の私のスピーカー構成です。

 
 
フロント・リア共に、

パッシブネットワークでつないで1wayに、

残った2wayをサブウーファーにつなぎます。

 

カーオーディオ・アンプへの接続方法

 
high→リアスピーカー

 
mid→フロントスピーカー

 
lowとsubwoofer→サブウーファー

 
 
サブウーファーをつなぐ時は、

音域がなるべく重ならないように、

指向性の違うサブウーファー

つなげるといいです。

 
サブウーファーを2つにすることで、

低音の音圧凄まじくアップします。

 
かつ、サラウンド環境なので、

映画などを見る時の迫力は、

映画館とは比べ物にならないほど、

非常にリアルな臨場感に包まれます。

 
 

スピーカーの調整方法は?

 
デジタルクロスオーバーを使った、

各スピーカーの音域調整、

設定の方法については、

こちらの記事をご覧ください。

 

 
 
以上、3wayと4wayの

スピーカー構成を紹介しました。

 
 
ショップにお願いすると、

「このつなぎ方がおすすめです」と

紹介してくれるので、

あまり自分ではいじらないと思います。

 
 
でも、簡単につなぎ変えられる環境なら、

自分でいろいろとつなげてみましょう。

 
どう聞こえ方が変わるのかを、

聴き比べてみるのも楽しいですよ!

Sponsored Link

-カーオーディオ


読まないと損!おすすめの記事

1
楽天ETCカード!デメリットは年会費だけ?

年会費がかかる楽天ETCカード!     楽天で買い物をする ...

2
MVNOとは?格安SIMとは?SIMカードの種類と使い方まとめ!

MVNOとは?SIMフリーって?     ネットやスマホの普 ...